So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ポルトガルへ行ってきました 4 ポルトへ [2019年10月ポルトガル旅行]

ナザレに行ったあと、ポルトで一泊。

翌日、ポルト市内観光です。


まず行ったのがドン・ルイス1世橋


     IMG01065_HDR.jpg

エッフェル塔を建てたエッフェルの弟子により1886年に建造された橋

2重橋構造になっていて、上部にはメトロの路線と歩行者用道路があります。


何となくエッフェル塔に似てる感じ。

渡ってみます。

     

       IMG_7622.jpg

歩行者のすぐ横をメトロが通っていきます。

ちょっ怖かったけど面白かった。

橋の上から対岸を


IMG01064.jpg


以前見たTVでは魔女の宅急便の街に似てると言っていましたが、どうでしょう?

私は似てると思いましたが、北欧にも似てる街があるようで、ここじゃあないのかなあ?

でもここにかわいい魔女さんが飛んでいてもおかしくなさそう。


そして見晴らしのいいカテドラルへ


     1571978128277.jpg


12~13世紀建造の大聖堂。

中は時間の関係で見学出来ず。


       IMG01077.jpg

手前の広場の片隅にあった標識。巡礼の地へ行く道筋だそうです。光ってしまってわかりにくいけれど、黄色いのがサンティアゴ・デ・コンポステーラ方面だったと思います。



     1571978142853.jpg

エンリケ航海王子広場

エンリケ王子ってこのあともガイドさんの口から何度も出てくるポルトガルでは歴史上有名な方だそうで、探検事業家、パトロンとして航海者たちを援助するとともに指導し、それまで未知の領域だったアフリカ西岸を踏破させるなどしたことで、大航海時代の幕を開いた。とありました。

まだまだ王子さま、出てきます。


       IMG01080.jpg

次に行ったのがここ。サン・ベント駅

ここから電車に乗る訳ではないのですが、駅と言っても一大観光地になってる駅なんです。


     1571978209394.jpg

アズレージョによってポルトガルの歴史を表しているそうで、壁一面の装飾タイルは圧巻!



     IMG_7642.jpg

これも王子さま?


    IMG_7647.jpg

こんなのとか


     IMG_7648.jpg


戦いの様子、迫力ありました。



     IMG_7649.jpg

これは王子さまだとTVで言ってました。

実は私、欧州の駅って初めて。

なので


       IMG_7651.jpg

なんか旅情を誘うなぁ


そして、その手前の、日本でいうキヨスクみたいな場所にあった小さいお店にポルトの街のサッカーチームグッズ売り場が。


     IMG_7654.jpg

確か日本の代表選手がここに所属してるはず、と思ったけれど、名前入りのグッズはなかったので写真だけ。


駅を離れ、ちょっと歩くとレトロな路面電車が


     1571978219735.jpg

カワイイ♫乗ってみたいと思ったけれど残念ながら時間なく。


で、このあと自由時間。

お昼も食べなきゃいけないから行きたい場所へは行けて一か所かな?

自由時間はプライスレスです。早速行きましょう。

とはいえ集合場所も忘れずに。


       1571978304633.jpg


集合場所になったマクドナルド。

主人いわく、上にある像がショッカーの秘密基地にあった像に似てる、と。

こんなだったかな?

昭和生まれの人にしかわからないあるある。


ちなみにマクドナルドからショッカーは出てきませんよ。(笑)



nice!(14)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ポルトガルへ行ってきました 3 ナザレへ [2019年10月ポルトガル旅行]

ちょっと間があいてしまいましたがポルトガル旅行の続きです。


で、実はカメラレンズを単焦点しか持っていかなかった私。

それだと建物全景をおさめることが出来ないこともあり、スマホと併用して写真を撮っていたけれど、それだとツアーの最後尾になることしばしば(苦笑)


ここらあたりから主人がスマホで撮ったものを転送してもらうことが多くなりました。

なので一部主人撮影の写真が入ってます。

それでも最後尾になってしまうのは何故だろう?


さて、オビドスからまたバスに乗ってナザレという港町へ着きました。

ここも行きたかった場所の一つ。

ツアーによっては行かないのもあるので、行くのを探しました。


まずは街を見下ろせる小高い丘の上へ


     1571498979954.jpg

ちょっとした広場になっています。


そこにあったノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会


     1571499009448.jpg

かなり広い教会で、私達が行ったときにはラッキーなことに結婚式をやっていました。


       IMG_7599.jpg

お幸せに~~


ここで有名なのはメモリア礼拝堂


       1573390488182.jpg

この地を治めていた12世紀の城主が,聖母マリアの加護によって,海に堕ちそうになったのを助けてもらったことに感謝して建てたとされる礼拝堂。確かに崖の端っこに建っています。

中も小さいけれど、壁のアズレージョ(タイル装飾)が見事!


       1571498947677.jpg


よくTVの旅番組なんかででナザレをやると、必ずといっていいほど出てくるのが民族衣装を着た女性。

会って一緒に写真を撮りたいという無謀な計画を立てていたのできょろきょろすると、広場にはその民族衣装を着た女性が屋台でナッツを売っていました。


       IMG01011.jpg

なんと、スカートを7枚もはいているそうです。

なんかカワイイ


で、私も写真の方とは別の方のところでナッツを買って、写真をお願いしました。

そしたら撮ってくれた主人が気を利かせて広角で撮ったらしく、出来上がった写真は足が短くて!

オンナゴコロ、わかってなーい。


写真をお願いする人は多いのかな?快くオッケーしてくださっだだけでなく、肩に手をまわしてニコニコ顔。

おまけに「ランランラ~ン♫」なんて歌ってくれて、ノリノリ♫

肩をがしっとつかまれたその手が力強くて、私より年齢は上のはずなのに、たくましく生きているんだなぁと勝手な想像を膨らませられるいで立ちとパワフルさ。


なんか宮崎駿作品に出てきそうなおばあさん、っていう感じでした。

ラピュタしかり、紅の豚に出てきた飛行艇を修理してるおばさま達しかり。そんなイメージでした。


で、そろそろお昼。

崖のほうから海の近くへ移動して、自由行動のお昼です。

ナザレのレストランはノーチェックだったのでどうしよう?と思っていたら、添乗員さんが初めての自由時間なので、私についてきてもいいですよ~とおっしゃってくださり、合計10人ほどがぞろぞろとご一緒させてもらいました。


お店の名前は O Casalinho さん

メニューは写真つきなので選びやすい。

で、注文したのが


       IMG01017.jpg

リゾットです。これがめちゃめちゃおいしい!

これで2人前だけど食べきれません!


       IMG01018.jpg

それとこれ、イワシを焼いただけなのに何故かおいしい。臭みもない!

ナザレに私の胃袋をもっていかれました。


余談ですがその日の夕食に出てきたカステラのルーツと言われるデザート。

       IMG01040.jpg

でも日本のカステラのほうがおいしかったな。


食べ終わってから少しだけ街を散策しました。


     IMG01021.jpg

港町と聞いていたけどリゾート地みたいな感じですよね?

ランチをレストランとかでとると、あっという間に自由時間が過ぎてしまいます。

それが嫌ならランチを簡単に済ませるしかないのですが、おいしかったから大満足です。

添乗員さんおいしいお店を教えてくださってありがとう。(ってこのブログ見てないでしょうけど)

nice!(19)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ポルトガルへ行ってきました 2 オビドスへ [2019年10月ポルトガル旅行]

さてさて、夜遅くにリスボンのホテルへ到着したツアー一行。

私はバタンキューで、あっという間に翌日になりました。


リスボンからバスで高速に乗ってすぐ、見えた虹


     IMG00996.jpg

今日は何かいいことあるかなあ?


しばらくして車窓越しにオビドスの街が見えました。


     IMG00997.jpg


駐車場に到着したら古い水道橋が見えました。


     IMG00998.jpg


ガイドブックによると、街の歴史は紀元前300年ごろ、

ケルト人による建設に始まり、その後1288年、

王と王妃が婚礼旅行でオビドスに滞在した際、

王が結婚祝いとして街を王妃に贈り、その直轄地とした。

以降代々の王妃に受け継がれていき、「王妃の街」として

知られるようになった、とあります。


城壁に囲まれた小さな街。城門からワクワクします。


       IMG_7562.jpg


城壁の中はかわいらしい街並み


       IMG_7566.jpg


       IMG_7569.jpg



       IMG00999.jpg


こんな可愛らしい街、プレゼントされてみたいものですね。


一つの通りにお土産屋さんが集中していて、そこは原宿の竹下通り並みに混んいました。

まっすぐ進むと城壁に登れる場所があったので、登ってみました。


     IMG_7568.jpg


ここいら辺から雲行きが怪しくなり、雨が降ってきちゃいました。

あわてて城壁から降りる私達。


街の中にあった教会、聖マリア教会内部

外観は残念ながら教会前の広場でイベントをやっていて、

大きいテントが張られていたので写真撮れず。


       IMG_7583.jpg

天井も壁も装飾がびっしり。


そうこうしているうちに集合時間が迫ってきてます。

でもまだ雨。

そのせいか、オビドスの竹下通りの人が少なくなりました。


       IMG_7586.jpg


あわてて(でも写真はしっかり撮る・笑)集合場所へ向かいます。

時間足りないよぉ~



nice!(19)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ポルトガルへ行ってきました 1 まずはオランダ、2件目買えず [2019年10月ポルトガル旅行]

みなさんのところは台風、大雨大丈夫でしたか?

我が家もお気に入りの植木鉢が壊れてしまいましたが、それ以外は大丈夫でした。

まだまだ復旧も大変でしょうが、一日も早い回復を願っています。


そんな中、ポルトガルへ行ってきました。

実は結婚〇〇周年。

どっか行きたーいと主人の仕事のスケジュールとにらめっこしての旅でした。


でもポルトガル行きの直行便はなく、行きはオランダ経由でした。


まずは機内食

1回目


     IMG00984.jpg

白ワインも頂いちゃいました。


       IMG00985.jpg


2回目


     IMG00986.jpg

ほぼほぼ眠れず、オランダスキポール空港へ到着。


この時点で日本時間だと真夜中。眠くて仕方ありませんでした。

滞在時間が長く、これならちょっとだけでも街へ出れるかも?と思いネットで調べたりもしていましたが、やめて正解。

眠さのあまり何かを間違えて空港へ戻ってこれなくなった可能性がありました。

なので空港内で軽く食事(でも量が多かった)&買い物へ。


行ったカフェは外が見えました。

eatというアートで遊んでいる子供


     IMG_7556.jpg




お土産やさんがユニーク


大きい木靴


       IMG00987.jpg


チューリップが売ってる!と思ったら造花でした。


     IMG00989.jpg


それとそれと、この画像は小さくしたら文字が読めなくなってしまったのでいつもより大きい画像で。


IMG00990.jpg


入りきれるかな?

ハリーポッターシリーズの登場人物のぞれぞれのつえのチョコです。

左からハーマイオニー、ロン、ダンブルドア校長、ハリーポッター

とありました。

ものずごく欲しかったけれど、チョコだし溶けちゃう可能性もあるし、何より高かった(16ユーロ!)

何本も入っているのか、まさかこの値段で1本だけってことはないよねえ?と色々考えたけれどよくわからず、記念写真だけ撮ってきました(笑)

百味ビーンズも売っていたけれど、ヘンな味のに当たったらなぁと思ってこっちも買わず。


それでも時間が余ったので、居心地よさそうな椅子でまったりしていると、近くにあったユニークなもの発見。


     IMG00991.jpg

なんと足でペダルを漕いでその分スマホが充電出来る器械のようです。

3人とも内側を向いているからその間おしゃべりしながら出来るし。


オランダって自転車大国なイメージがあるからとても納得した風景でした。

それにしても発想がスゴイ。


そしてまったりしてる間に窓の外もだんだん暮れてきました。



     IMG_7558.jpg


そしていかにも滞在したかのように買ったお土産がこちら


     IMG_7761.jpg

オランダといえばミッフィーちゃんでしょ?ということでぬいぐるみと、以前日本の骨董市で買った、家の形をした小さい瓶が気に入って探したけれどやはり売っていなくて(KLMビジネスクラス限定だそうで)、絵はがきだけ買ってきました。

あとはお友達に教えてもらったリキュールなんかを。


リキュールはバニラアイスにかけてもいいと教えてもらいました(ありがとうございます~)


味にうるさい息子に見せたらこのリキュールにはハーゲンダッツじゃなきゃダメなんて言ってます。

高くつきそう。(笑)


オランダからポルトガルまでの飛行機内は全くと言っていいほど覚えていないので省略。

爆睡でした。

初オランダなのに空港だけなのが悲しい…


nice!(18)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

燕カフェと報国寺 [++odekake++]

先日、お友達に誘われて鎌倉にある古民家カフェへ行ってきました。


観光地からちょっと離れていて、回りはほぼ普通の民家。

地図を頼りにちょっと迷いながらたどり着いたら、人気のあるお店のようで、すぐ満席になりました。


     IMG_7541.jpg

燕カフェさん

のれんがカッコイイ。


お店の人にお断りして、店内の写真撮らせていただきました。


       IMG_7533.jpg

カウンター

この奥に厨房が

置いてあるインテリアもレトロ


       IMG_7535.jpg

入口わきに置いてあった椅子。いい味だしてます~♫


お客様には海外の方もいらっしゃいました。

落ち着くお店でした。私たちはランチをいただき、歩いて20分ほどのところにある竹のお寺、報国寺へ行きました。


ですが、竹はうまく取れず、写真アップはごめんなさい。

変わりにお寺の入口近くに咲いていた、白い彼岸花を


       IMG_7543.jpg


今回写真少な目です。

暦では秋なのに、まだまだ暑いですね。早く涼しくならないかなぁ・・・

nice!(21)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ブログのアドレス変わります [days]

先日ここのブログso-netからメールがありました。

ブログのアドレスがかわるようです。

ようです、というのは私もよくわかっていないから。

こういう時、連絡がきて真っ先に思うのはうまく移行できるかどうか(ソネットが、ではなく私が)


10月1日より変わるようです。

新しいアドレスは


です。

もしかしたら今までのアドレスにアクセスしても新しいところに自動で移動するのかもしれませんが

一応お知らせです。

10月1日以降ここが見れなくなったらそちらで検索してみてくださいませ。

うーん、こういうの、苦手だぁ


10月1日追記:無事更新出来ました。

お気に入りとかに元のアドレスで入っていても、新しいアドレスに自動的に移動してブログが見れるようですね。

私の場合はちょっとだけドキドキしたことがありましたが、大丈夫でした。

nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

松方コレクションと73番 [antiques]

またまたアップするのが遅くなりました。

カメラで撮った写真をパソコンの取り込むのが中々うまくいかず、毎回苦戦してしまいます。


ということはさておき、7月に上野国立西洋美術館へ松方コレクション展を見に行きました。


     IMG00915_HDR.jpg

日曜日で午前中に着いたけれど、既にかなり人が並んでいました。


       IMG00912.jpg

待っている間に撮ったロダン「地獄の門」ネットで調べたら、これも松方コレクションだそうで。


30分ほど並んだでしょうか、やっと入場出来ました。


今回の目玉はモネの「睡蓮、柳の反映」

日本人の松方幸次郎さん(1866-1950)がモネから直接買い付けた作品だそうで、残念ながら保存状態が悪く、大作の上半分くらいが失われた状態で2016年にルーブルで発見されたとのこと。

それを苦心して推定で復元したのがこちら


     IMG00913.jpg

絵ではなく、パソコン画面を大きくしたようなディスプレイ画面に映されていました。ここのみ撮影オッケーでした。

TVでその復元作業のドキュメントをやっていて、それも見ましたが、こういうときにもAIが活躍するんですね。

モネが好んで使っていたであろう色を探し、失われた場所にそれをあてはめ、と大変な作業だなぁとおもいました。


そしてコレクションはとにかく多かった。

これでも全部ではなく、コレクションの一部はロンドンで火災にあい焼失、一部は戦後返してもらえずとあったので、全て見れたらどれだけの量だったのでしょうと思わずにはいられません。


で、松方幸次郎さんという方も、川崎造船所(現、川崎重工業株式会社)を率いていたけれど、金融恐慌などで苦労されたそうで、会場にあった年表も読ませてもらいましたが、なんかドラマか何かを読んでいるような。

TVドラマでやってもおかしくなさそう。その時は是非見たいな、と思わせる年表でした。


で、会場の一番最後に睡蓮、柳の反映の本物が展示してあったのですが、感動するというよりは見ていてとても痛ましい気持ちになりました。


これが全て見れたなら、どんなに良かったことでしょう。松方さんもそれを望んでいたはず、と思うと残念で。


で、最後にお決まりのグッズ売り場へ

私はあまり図録は買わず(場所をとるので)、気に入った作品の絵はがきを買うのですが、今回絵はがき少なっ!

他に気に入ったセガンティーニの作品とかの絵はがきが見つからず、本当に数枚のみ購入して帰宅。

図録を買えってことなのでしょうかね。もっと絵はがき増やしてほしかったです。



で、話かわってタイトルにある73番とは


以前他の方のブログで見て一目ボレした、KLMオランダ航空のビジネスクラスで配っていると言っていたお酒のボトルです。


6月にカメラの撮影会で有楽町へ行ったちょうどその日が骨董市にある日で、撮影そっちのけでつい見て回ってしまい、あるアンティークショップで見つけました。


     IMG_7446.jpg

これはショップのオーナーさんにお断りして店内を撮らせていただきました、

私が買ったのが一番右端のです。

後ろに本が見えますが、このボトルコレクションの本でして、ボトルの後ろに番号がふってあって、そのページを見ると、どこにある建物でどんな建物かがわかるようになっているそう。


ちなみに私が買った73番はオランダのどこかにある郵便局だそうですよ。

家に帰って出窓に置きました。


     IMG_7528.jpg

ボトルの左側にあるのが長崎のグラバー邸売店で買った小物入れ。大きさもおなじくらいで何となくしっくりきませんか?

長崎とオランダってつながりあるし。

右側のは波佐見焼のイニシャル。ぽってりしていてカワイイ。


このブログは最初、手作り作品やらインテリアやらを紹介していたので、タグが今でもそのまま。

最近は旅ブログになりつつあるけれど、たまにはこんな感じで紹介するのもいいかな?と。


nice!(16)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

桜前線と共に東北へ ③ [travel]

さて、ワイナリーに立ち寄ったあとは五色沼へ


     1555290827567.jpg


スマホの設定が変わったのか、真四角に撮れちゃいました。

これはこれでいっか。


五色沼の一つ、毘沙門沼です。


ここを起点にして歩いて他にいくつかある沼に行けるようなのですが、残念ながら道に雪がまだ残っていて、雪がない場所でもぬかるんでおり、普通の靴(私はスニーカーだったかな)では行けそうになく、ハイキングをあきらめました。

なので行けたのはここだけ。

でもキレイでした。


その後近くに一泊。

翌朝窓から見えた景色は雪がまだ残っている広場


       IMG00819_HDR.jpg


あとは帰るだけです。が、私達には一つ心残りが。


そう、来るときに見た桜が、あれからちょっと暖かくなったし、前より咲いているかな?と再度立ち寄ってみました。帰り道だし。


     1555220065427.jpg

どうでしょう?少しはピンク色が増えた気がしませんか?


前回は雪とツーショットだけれど、今回は雪も溶けていて、菜の花とツーショット


       IMG_7162.jpg


近くでも撮ってみました。


       IMG_7171.jpg

やっぱり一昨日より咲いてるー♫


来てよかった♪


この日は日曜日だったので、人も多くて前回よりさらに賑わっていました。


ここを薦めてくれた知人に感謝です。

最後に全景をおさめて帰途につきました。


     IMG_7181.jpg

nice!(22)  コメント(20) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

桜前線と共に東北へ ② [travel]

さて、ちょっと間があいてしまいましたが旅の続きです。


前の日記に夕飯に間に合うかギリギリと書きましたが、なんとか、ギリギリ間に合いました!


たどり着いた温泉がここ


     IMG_7116.jpg


銀山温泉です。

ちょっとした谷間にあり、車で坂を降りたらいきなりこの光景が目に飛び込んできました。

思わず「わあ!」と叫んでしまった私。

ちょっと「千と千尋の神隠し」のようでした。


以前、某TV番組でバイクの旅をやっていて、その映像を見てヒトメボレした私。

芸人さんがここに立ち寄った際、宿泊したかったけれど空き部屋がなく、あきらめていました。

そしてそれを見た宿泊客が、「3か月前くらいから予約しないと(宿泊するのは)難しいわよ~」なんておっしゃっていて、それを聞いてますます行きたくなっていたのでした。

私が予約したのは2か月前でしたが、何とか宿とれたんです。


夕飯には間に合いましたが、本当は暮れなずむ銀山温泉、撮りたかったなぁと思ったけれど後の祭り。

こればかりは仕方ないですね。


夕飯はたっくさん料理が出てきたので、証拠としてこの1枚だけ。


     IMG00807.jpg

夕飯食べたら普通はお風呂、ですがカメラ持って外へ

しばらく散策しました。


       IMG_7127.jpg

川沿いにレトロな雰囲気の街が広がっていて、その街のはずれにまたレトロなポストが。

他の宿の宿泊客も写真をとりに来た人がちらほら。


でも一つ残念だったのは、やっていない宿もみかけたこと。

人気あるなら何故廃業してしまったのでしょう?

それとも人気でる前に廃業しちゃったのかなあ?

さて、翌日も朝写真撮ってみました。


     IMG_7142.jpg


夜とはまた雰囲気が違いますね。

街のはずれに小さい滝がありました。


       IMG00812_HDR.jpg


文字の上の小さい小屋の斜め右上にあるのが滝です。

雪がなければ近くまで行けるそうです。


名残おしかったけれど銀山温泉を後にして、その日の目的地へ


     IMG_7145.jpg

はい、今回も行きました、ワイナリー

タケダワイナリーさんです。


ここは事前に連絡していたので、スタッフからちょっと案内してもらうことが出来ました。


     IMG_7147.jpg

それによると、↑の写真はブドウ畑なんですが、無農薬で作られているとのこと。

なので雑草がいっぱいだそう。

でもそれがいいのだとか。


今回、欲しいワインの目星をつけていたのですが、ここでは売り切れでした。

残念がっていたら、ここから車で5分くらいのところに山形県観光物産会館というところがあり、そこに卸しているのでまだあるかもしれないとのこと。


もちろん行ってみましたよ。

そうしたら、ラッキーなことに残っていて、買うことが出来ました。もしなかった時のためにとタケダワイナリーさんでも購入していてお土産はワインだらけ。

なんかワイン買い付けツアーみたいになってしまいました。


さて、ワイナリーのある地方は米沢地方。

といえば米沢牛が食べたい!

ということで観光物産会館の中のフードコートみたいなところで見つけたので米沢牛の丼を見つけました。


     IMG00813.jpg

フードコートなので値段も高くない。

これで大満足でした。


続きます。



nice!(21)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

桜前線と共に東北へ ① [travel]

さて、またまた平成の時の話になってしまいますが、10連休は混むからと、その前にちょっと連休がとれたので東北方面へ行ってきました。


いつものように車でゴー


途中、福島県に入ったとき、休憩したサービスエリア(パーキングエリアだったかな?)の片隅にこんな建物が


     IMG00799.jpg


画像を縮小したら読みにくくなっちゃいましたけど、上のところに放射線情報と書かれてあって、ちょっとドキッ


ちょうど桜の時期だったので、知人に名所を聞いていました。そこへ最初に行けばよかったのですが、ガイドブックを見たら、聞いたことがある地名を発見。


せっかく近くまで来たのだからと欲が出てしまって向かったのが「あぶくま洞」


     IMG_7068.jpg

こんな高い場所にある洞窟です。

パンフレットによると、1969年石灰石の採石中に発見されたとのこと。

公開されているルートの奥にまだ2500m以上も続く未公開部分があるとのこと。

私達が見学したのはまだほんの入り口だったのかしら?


     IMG_7091.jpg

右端の三角屋根のところから入って、細い廊下のような場所を通って、洞窟はこの山の裏側にありました。


最初はカメラの設定がうまくいかず、失敗写真ばかりだったのですが、だんだんコツをつかんでいきました。

ちょっとですが紹介


       IMG_7077.jpg


       IMG_7080.jpg

30分くらい洞窟内を歩いていたでしょうか。

岩の間を無理やり作った道もあり、かがんで通らなければいけない場所もあったりと、気分はインディジョーンズ(笑)

ずっと頭の中に映画のサントラが流れていたりして。


でもここで時間をかけてしまったので、後半かなりあわてることに。


でもそれにまだ気づかない私達。

次に向かったのは知人にオススメされていた桜の名所、三春滝桜です。


でも今年の春は寒かった。

いつもの年ならもっと咲いていたはずだけれど、今年はちょっと早かったようです。


     IMG_7092.jpg

三春滝桜とは

日本を代表する桜の巨木で

根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)

山高神代桜(山梨県北杜市)とならぶ日本三大桜のひとつと言われていて、樹齢1000年超、

天然記念物に指定されています。


開花期には四方に伸びた枝から薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、その様がまさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになったとも言われています、とありました。




早かったけれど、巨木は薄いピンクをまとっていました。

初めてみた桜の巨木は迫力ありました。まるで老貴婦人がすっくと立っているかのよう。


       IMG_7095.jpg

近くで見るとやはりまだまだ


       IMG_7101.jpg

別の角度から撮ったら、雪と桜のコラボレーション。

前日だったか前々日だったか、雪が降ったそうで。


それでも観光客が続々とこの老貴婦人を見に来るのでした。


そして私達はやっとこの時点でこの日泊まる宿がまだ遠いことに気付き、あわてて宿に電話したのでした。

すると、〇時までに来なければ夕食を出すのは難しいかも?と言われてしまいました。

間に合うのか?極力休憩を避けることにして宿まで出発です。


続きます。





nice!(18)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -